夙川の公園:夙川まるごとウェブガイド

夙川公園

夙川公園

夙川といえば、夙川公園!!!
といえるくらい、有名な公園です。

夙川全体が公園として整備されている都市公園で、全長約4キロに
渡って整備されています。 夙川河川敷緑地とも呼ばれます。 

1942年に当時の市長であった辰馬卯一郎氏の提唱で桜約1000本が
植栽され、その後の戦後復興事業として夙川を都市公園化することが
決定。 松と桜が調和したすばらしい公園になりました。


夙川ナビでは夙川公園の上流から西宮港に流れるまでの様子をエリア順に伝えていきたいと思います。

夙川公園の見事な桜の様子です。

カテゴリー:夙川の公園

夙川公園の桜

西宮市の市花にも選ばれている桜の花。

夙川公園はその桜の名所として、春には多くのお花見客が訪れます。

ここでは春の夙川公園の様子をお届けします。
(写真をクリックすると拡大写真をご覧頂けます)


苦楽園橋から見た夙川の桜

写真はほとんどが苦楽園~夙川駅の間で撮ったものです。

その他のエリアでもみごとな桜が見られます。

カテゴリー:夙川の公園

 夙川公園 夙川上流~苦楽園口間の様子

夙川上流から苦楽園口までの様子です。


夙川の上流の様子


わかりにくいですが、奥のほうに川が見えます。 
夙川上流の甲陽学院高校の辺りで撮影しました。


カテゴリー:夙川の公園

 夙川公園 苦楽園~阪急夙川駅間の様子

苦楽園から阪急夙川駅までの様子です。

苦楽園橋から見た夙川公園


苦楽園口橋から見た夙川公園です。 ここから見られる樹木は全て桜で、春の桜満開時はここがベストスポットの1つに挙げられます。


カテゴリー:夙川の公園

 夙川公園 阪急夙川駅~国道2号線間の様子

阪急夙川駅~国道2号線間の夙川公園の様子です。

(写真をクリックすると拡大写真をご覧いただけます。)

夙川の様子


阪急夙川駅前の橋から見た夙川です。


カテゴリー:夙川の公園

 夙川公園 国道2号線~国道43号線間の様子

夙川公園の国道2号線~国道43号線間の様子です。
(写真をクリックすると拡大写真をご覧いただけます)

国道2号線から南へは車が通行できなくなっています。

まさに歩行者天国状態です!!  

閑静な住宅街を横目にしながら、鳥のさえずりや夙川の流れに耳を傾けて散歩をすると
本当に気持ちがいいです。 
 
夙川の様子


国道2号線の夙川橋から見た夙川の様子です。


カテゴリー:夙川の公園

 夙川公園 国道43号線~酒蔵通り間の様子

阪神香露園駅を更に南へ行き、国道43号線を越えた辺りの様子です。
(写真クリックすると拡大写真をご覧いただけます)


香露園駅から


43号線は下にトンネルが出来ているので、くぐるとすぐに渡れます。


カテゴリー:夙川の公園

 夙川公園 酒蔵通り~御前ノ浜間の様子

夙川公園の酒蔵通り~臨港線までの様子です。


夙川オアシスロード 酒蔵通りから


夙川オアシスロード沿いにガードレールができています。  結構傾斜がきついのであぶないのでしょう。


カテゴリー:夙川の公園

樋之池公園

樋之池公園


樋之池公園は阪急苦楽園口駅から徒歩約15分ほどにある樋ノ池周辺の公園で、園内には様々な遊具はもちろん、テニスコートやプールもあります。


カテゴリー:夙川の公園

西宮震災記念碑公園

西宮震災記念碑公園

西宮震災記念碑公園満池谷のニテコ池のすぐ側にある公園です。

カテゴリー:夙川の公園

西田公園

西田公園入り口

西田公園は園内に”万葉植物苑”があり、万葉研究家の故犬養孝先生の指導の元、万葉集に登場する約72種類の万葉植物が植えられている植物公園です。

各植物の前には万葉名と歌、その植物の花や実の素晴らしい季節などが陶器製の説明番で紹介されていて、目の前の万葉植物を見ながら万葉の世界を堪能することができる、超お勧め公園です。

昼間は園内の遊具で遊ぶ子供たちや、公園を散歩する人々で賑わっています。

カテゴリー:夙川の公園

御前浜公園

御前浜公園


御前浜公園は夙川の下流、西宮港に面した砂浜で、夙川河口鳥獣保護区に指定されている公園です。

御前浜の名前の由来は平安時代にまでさかのぼるそうで、当時の海岸線はもっと北に位置しており、廣田神社の辺りだったと言われています。 廣田神社の目の前の浜ということで、敬意の意味を込めて御前の浜と名づけられたそうです。 

カテゴリー:夙川の公園