鷲林寺:夙川まるごとウェブガイド

鷲林寺

鷲林寺入り口

鷲林寺(ジュウリンジ)は高野山真言宗のお寺で、弘法大師が建設したとされています。 

当時の西宮は廣田神社の神域でしたが、そこに弘法大師が宿泊された時に、夢で仙人にお告げをもらい、今の場所にお寺を立てようとしたそうです。 

ところがそこにソランコウジンという神様が大鷲に姿を変えて現れ、口から火炎を吐いて大師の邪魔をしたそうです。 そこで大師は、その神様を桜の霊木に封じ込めて、本尊の十一面観音を刻み、寺の名前を鷲林寺としたというのが由来です。

鷲林寺の様子


みごとな紅葉です。 


鷲林寺の鐘


鷲林寺の鐘楼です。 毎年、除夜の鐘は23:30頃からつき始めるそうです。


鷲林寺境内からの景色


鐘楼の先には展望台があり、西宮のシンボル「甲山」から広がる西宮の風景が見えます。


鷲林寺

かつては非常に大きな勢力をもったお寺として賑わっていましたが、戦乱の時代に織田信長によって戦火に遭い、残念ながら多くのお堂を失ってしまい、いまでは観音堂のみとなっています。


鷲林寺境内


高野山真言宗 
六甲山 鷲林寺

兵庫県西宮市鷲林寺町4番8号
Tel:0798-71-8203

阪神西宮駅から阪神バスで鷲林寺バス停下車、徒歩20分
阪急西宮北口から阪急バスで鷲林寺バス停下車、徒歩20分
*1月・4月・8月の大祭には鷲林寺バス停からお寺まで無料タクシーを利用できます。

<周辺施設>

神呪寺

----------------------------------------------------------
夙川まるごとウェブガイド:当サイトについて
* 夙川まるごとウェブガイドは個人で運営しているサイトです。
* サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
* ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
----------------------------------------------------------