神呪寺:夙川まるごとウェブガイド

神呪寺

神呪寺

神呪寺(かんのうじ)は西宮のシンボルである甲山の麓に立てられたお寺で、”融通さん”として親しまれています。

天長5年(828年)に淳和天皇のお妃の真井御前(まないごぜん)様が、霊場として名高い甲山に入って修行され、3年の月日の後に弘法大師より剃髪をうけられて、如意尼(にょいに)という名をもらい、831年10月18日このお寺が設立されたそうです。

その後戦国時代には戦火に巻き込まれ、栄枯盛衰を繰り返しましたが、弘法大師様のお寺として今は多くの参拝客が訪れています。 また、毎月21日は「お大師さん」の日となっていて、たくさんの方が訪れています。

神呪寺の由来は「神の寺」から来ているそうで、”神呪”とは般若心経にある神呪(じんしゅ、神秘なる呪語)という意味で、真言(仏様の言葉)を意味するそうです。

<国指定重要文化財>

御本尊 「如意輪観音坐像」
弘法大師の作と言われている秘仏で、河内の観心寺、大和の室生寺の像とあわせて、日本三如意輪と呼ばれ、国の重要文化財に指定されています。
また、別名”融通観音”とも呼ばれ、どんな無理なお願いも融通を通してくれるという観音様としても非常に有名で、”融通さん”として親しまれています。

*このご本尊は秘仏なので、5月18日のご開帳の日しか拝観できません。

「聖観音立像」(しょうかんのんりつぞう)
11世紀頃の作品で御本堂の隣の納骨堂に安置されています。

「不動明王坐像」
鎌倉時代につくられた像で不動堂に安置されています。

「弘法大師坐像」
御本堂の隣にある”大師堂”に安置されている弘法大師様の58歳の時の坐像です。


鐘楼


神呪寺にある鐘楼です。 ここからの景色は見事です。


甲山入り口


神呪寺境内の右奥に甲山への入り口があります。 ここから甲山に登ることが出来ます。


神呪寺からの景色


神呪寺の見晴らし台から見える阪神間、大阪平野一帯のパノラマ景色は必見です♪


別格本山 神呪寺
兵庫県西宮市甲山町25-1
Tel: 0798-72-1172

阪急・阪神バス 甲山大師前下車
阪急電車 甲陽園駅下車 北へ徒歩30分
駐車場あり(80台)

<周辺施設>

鷲林寺

----------------------------------------------------------
夙川まるごとウェブガイド:当サイトについて
* 夙川まるごとウェブガイドは個人で運営しているサイトです。
* サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
* ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
----------------------------------------------------------